古着のコピー

2016年7月10日

 気に入って愛用していたブルゾンがボロボロになってしまいました。袖口は痛んで、全体的に色あせてしまっています。同じようなものを探すもの面倒だしと思っていたところ、ちょうどいい生地を見つけたのでコピーしてしまうことにしました。

 まずは解体します。この時にどういう順番で縫われているかの確認も必要です。また、洋服は左右対称なので袖などは片方だけ解体すればいいですね。ボタンやジッパーなどはまた使うことにしました。解体したらアイロンをかけて真っ直ぐにしておきます。特に縫い代だった部分や折り込まれていたところなどはひつこくアイロンをかける必要があります。

 次に生地に印をつけていきます。なるべく無駄の出ないように、また生地の向きなども考えていきます。

 次に裁断します。生地は二つ折りにしているので、ずれないように裁ちばさみで切っていきます。

この後、それぞれの切り口をミシンのジグザク縫いなどでかがっておくとほつれなくていいですね。
 いよいよ縫っていきます。和服と違って洋服には、ポケットや袖口など細かいパーツがたくさんありますよね。縫う順番を間違えるとミシンが届かなくて失敗します。襟を除いて他のパーツを先に作ります。

細かいパーツは意外に時間がかかりますね。見頃の生地にポケットなどを付ける際に、表裏上下左右といろいろいじるので、やはり裁ち目にはジグザグ縫いをしておくことがお勧めです。

 出来上がりました。

オリジナルは綿だけだったのですが、今回は綿麻の生地で作りました。

 

お問い合わせはこちら、または℡03-3735-2653

Copyright © 2006 - 2014, 2015 - 2017 Yajiuma.  All rights reserved.

あぼちゃんが本になりました。